新型ジムニーのカスタムはコレ!見た目を個性的に仕上げるパーツ

2018年の夏にフルモデルチェンジして発売されたジムニーですが、
まだその熱は冷めやまぬ様子です。
新型ジムニーに乗って、アウトドアや本格的なクロスカントリーなどに
ワクワクしている人も多いかと思います。

新型ジムニー自体がかなり個性的な車ですが、そこに自分ならではのテイストを加えたい!
と考える人も多そうですね。

そんなわけで、今回は新型ジムニーの見た目をカスタムする
オススメのパーツを紹介していきます。

新型ジムニーのエクステリアのカスタムパーツ

新型ジムニーを個性的に見せるに当たって、
エクステリアを変える、というのは必須かもしれません。

エクステリアを個性的に変えるアイテムを揃えてみました。

フロントグリル

まずは車の顔となるフロントグリルです。
エンジンやラジエーターに空気を送り込むために網目状になっています。
このフロントグリルを変えるだけでも結構な変化になります。

まず、そもそもはこのフロントグリルですね。

それがグリルを変えることで、こうなります。

どうでしょう???

最近はさらにカスタムを重ねて、ロゴの部分を黒にしている人もいますね。

個人的にはこのマットなブラックはかっこいいな、と思います。
一段とワイルドに見えますよね。

フロントグリル番外編

新型ジムニーのフロントグリルのカスタムについて探していると、
このようなパーツも出てきました。

随分と印象が違いませんか?

そう、こちらはジムニーのファニーフェイスを敢えて
悪そうなワイルド顔に変えるようにカスタムするパーツです。
こちらで購入できるようですが、
協力両面テープでできてしまうという手軽さも素晴らしい!

なぜかこっちのワイルドフェイスに惹かれます〜〜。

サイドデカール

続いてこのサイドデカールですが、こちらも印象がかなり変わります。

スズキの純正では2種類が出ていますが、こちらもこれから社外品で
様々なものが出てきそうですね。

車の色によってもまた見映えが違うと思うので、楽しみです。
今回の新型ジムニーはカラーが多いので、その分人とかぶる可能性は少ないですね。

個人的にはブラックにサファリ柄なんかも渋くていいな、と思いました。

オーバーフェンダー

新型ジムニーの軽にはオーバーフェンダーが付いていないんですよね。
シエラには付いています。

やっぱりオーバーフェンダーがあるとないとでは、迫力も締まりも違います。

そんなオーバーフェンダーもカスタムパーツで後付けできるんです!!

どうですか!このタイヤ周り!!
ここに黒が入るだけでかなり違いませんか??

これだから車のカスタムはやめられない訳ですね〜。

マッドフラップ

各タイヤにつける泥除けになりますが、これも見た目が変わってきます。
アウトドアやオフロードなどに出かける人には特に良いですね。

ブラックとレッドの2種類があるので、車によってカラーを選びましょう。

これまたSUZUKIのロゴが入っているので、純正、
といういところにグッっと来る人もいるかもしれません。

モール

次に新型ジムニー専用のモールですが、こちらも純正があります。

ブラックのモールになりますが、オーバーフェンダー同様、
広いボディーに黒が入るとキュッと締まります!

また、オリジナルのフロントグリルと同じマットブラックなので、
非常にマッチングが良いですね。

ちょっとしたところですが、かなり変わって見えますよ!!

純正以外にも社外品が出ており、そちらではシルバーやブラックなど、
色が他にも選べるようです!

フォグランプ

フロントについているフォグランプのところもカスタムできます。

シルバーにしたり、

フィンがついたものにしたり、
それぞれと見映えが違いますね。

あと、フォグランプの周りではなく、ランプそのものを交換する手もあります。

こちらはライトを付けなければ分かりませんが、
同様にかなり変わって見えてきますよね。

タイヤ周辺

新型ジムニーはタイヤも随分と遊べます。色々なカスタムがあるので、みていきましょう。

タイヤカバー

タイヤはタイヤでも、こちら後ろについているはスペアの為のタイヤカバーです。

一口にタイヤカバーと言っても、ハードカバー、ソフトカバーとあります。

これは好みの問題ですね。

こちらはハードカバー。

こちらはソフトカバーになります。

純正のものは、おなじみのサイのマスコットがプリントされていますが、
それ以外にも色々純正からだけでも出ていますし、
社外品もかなり出ているので、要チェックです。

 

View this post on Instagram

 

KOKA FACTORYさん(@kokafactory)がシェアした投稿

こちらもかなり個性的ですよね。

 

View this post on Instagram

 

Toshiki Sugitaさん(@toshikisugita)がシェアした投稿

こんなものもありました。

ホイール

タイヤのホイール部分もかなり見た目が変わってきますよね。

 

View this post on Instagram

 

㈱葵さん(@vanchan1043)がシェアした投稿

ホワイト!こちらもオシャレですね。

 

View this post on Instagram

 

ken inoueさん(@apio_inoue)がシェアした投稿

ブラックはやはり憧れます!

 

View this post on Instagram

 

High-Bridge firstさん(@high_bridge_1st)がシェアした投稿

こちらはレッドになりますね。
本格的なシートもレッド仕様にして、オーナーさんのこだわりが見えるホイールです。

新型ジムニーのインテリア

新型ジムニーのエクステリアのカスタムを色々とみたところで、
今度はインテリアについてのカスタムを見ていきましょう。

シートカバー

インテリアのカスタムで一番分かりやすいのがシートカバーでしょう。
面積が広い分、分かりやすいです。

アウトドア好みのこんなシートカバーもあれば

ちょっとレトロ感を漂わせるこんなレザーのカバーもあります。

そして、このシートカバーだとフューチャリスティックな感じがしますね。

これも完全に乗る人の個性と好みだと思います。

機能面で撥水加工がしてあるものなど、色々とありますが、
好みも重視して選びたいところです。

ドア内側

ドアの内側もカスタムができます。
こちらはデカールのところでも紹介したサファリ柄が純正で出ています。

こちらはバックドアだけではなく、フロントドアにもありますが、
開けたら見える、というところにものすごいこだわりとセンスを感じますよね。

ステアリングカバー

ステアリングカバーは、運転するときに最も興奮する要素かと思います。

こうやってみてみると、かなり雰囲気が変わりますよね!!
そして、革素材は手に馴染むので、それだけでもカスタムの価値があります!!

まとめ

新型ジムニーの見た目に関するカスタムについてまとめてみましたが、
いろんなパーツがあって、どこからカスタムをしていくか迷いますね。

今回紹介したものは、そこまで大掛かりなものはないので、
少しずつ自分でカスタムしていっても良いかもしれません。

新型ジムニーを自分色にカスタムしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA