新型ジムニーの後部座席は狭い?荷室容量、車中泊はできる?

2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを行った新型ジムニー、
その売り上げが予想をはるかに超えているようです。
本格的なクロスカントリー仕様と抜群のデザインでおしゃれ!!
となれば、売れない理由がありませんね。

今回はそんな新型ジムニーの後部座席と荷室容量、そして車中泊について調べてみました。

新型ジムニーの後部座席は狭い?

新型ジムニーの後部座席が狭い!という声を聞きますが、
私も実際にディーラーに行ってみて、乗ってみて、
正直小さい子供は無理だなぁ・・・・と思いました。

まず、チャイルドシートを装着するのが無理だと思います。

でも、もしもこれが5、6歳ならば・・・アリかもしれません。

正直、大きな大人(170センチ以上)とかになると、
後部座席はかなりキツくなってくる印象です。

これはまあ、新型ジムニーに限らず軽全体に言えることかもしれません。

しかしながた、最近の軽に関してはスペースをなるべく’広く確保し、
後部座席でも広く、ゆったりできて、乗り降りしやすい、
というのがブームというか、セールスポイントになっています。

そこに来て、新型ジムニーはセールスポイントが全く違うところにあります。

それはSUVという中でのデザイン性であったり、
オフロードも、道なき道もどんどん進める、という本格的なクロスカントリーの性能だったり、
軽とは思えない馬力だったりします。

新型ジムニーは正にドライバーのための車だと言っても過言ではないと思います。

なので、他の軽と比べてどうこうという比較は実際には無意味な気がするのですが、
簡単に言うと、他車に比べて後部座席は狭いです。

シーンによって、目的によって、乗る人の年齢や体格によっても感じ方は様々でしょう。

例えば、お年寄りを病院に送迎する、という事に向いているとは思えません。

しかし、若者同士のキャンプで行くならば全然アリでしょう。

男女混ざっている場合には、前席に男性、後部座席に女性、という感じで
楽しめそうですよね!!

私は先代のジムニーを知らないのですが、
主人から言わせると、先代のジムニーの後部座席よりは全然広く感じる!
ということでした。

Jeepって基本的に後部座席が狭い気がします。

ウチの主人はラングラーに乗っていますが、後部座席は正直狭い!
そしてリフトアップしているせいか、想像以上に揺れるのでびっくりしました。

新型ジムニーの実際の寸法はこんな感じです。

後部座席のスペースを数字だけで見るとそこまで感じないかもしれませんが、
これは実際に行って試乗することをおすすめします。

新型ジムニーの荷室容量は?

次に新型ジムニーの荷室容量についてです。

実際に荷物がどのくらい積めるのか、気になるところですよね。

荷室容量に関しては意外とありました。なんと!

352L!!

これは、後部座席を倒してフルフラットにすれば、ということになりますが、
フルフラットでは結構積めますね。

新型ジムニーはアウトドアを楽しみたい人、キャンパーにも人気の車です。

キャンプ、アウトドアというと道具をたくさん詰みますね。
ウチもキャンプ大好きなのでよく分かりますが、キャンプグッズを集めるのも
またこれ楽しみの一つで、見た目的にもジムニーと相性が良いので、
何を積むか悩むところですが、ご覧の通り!!

釣竿やクーラーボックス、
テントにウォーターサーバー、
ゴルフバッグにボストンバッグ、
あらゆる物が問題なく積めます。

そして、この荷物を積む事に関してアウトドアラバーを魅了する仕掛けが!!

こちらのラゲッジボックスをご覧ください!!

もう、素晴らしいとしか言いようがないです。

ウチはアウトドア、釣り、と長靴がドロドロになってしまう趣味なもので、
いつもその長靴の車での置き場所に迷うわけですが、
これなら問題なし!
気兼ねなく長靴を汚せますw。

そして、このラゲッジボックスにはさらに下に工具ボックスが!!

ジャッキなど、こういうものって、つい車の中で転がったりしていて、
いざ必要な時に探す羽目になってしまうんですよね〜〜。
え?ウチだけ???
そうではない事を願って・・・

そんなあくまでもユーザー目線のこの新型ジムニーの思いやりに拍手!!

(ラゲッジボックスはXCとXLのみ)

そんなわけで、新型ジムニーの荷室容量はかなりのものだと言えるでしょう。

新型ジムニーで車中泊は可能か?

そんな新型ジムニーの車中泊についてなのですが、
全然可能ですね。

これまた体格にもよるので、個人差は否めないですが、
一人なら余裕、快適に!
二人ならちょっと密着、だけど一泊二泊なら大丈夫!
という感じでしょうか。

車中泊もシーンによって荷物の容量も違うでしょうし、
環境によって配慮する点も異なってくると思います。

ソロキャンプなんかは最高でしょうね。

オフロードを走行して、一人の時間を愛車で過ごせるなんて素敵です!
やってみたい!!!

 

View this post on Instagram

 

Kiyoshi Shibuyaさん(@kiyop1923)がシェアした投稿

またカップルの場合にも良さそうですね。

親子でも良い思い出になりそうです。

普段使いでの実用性重視じゃない新型ジムニーだからこそ、
冒険心や夢を抱かせてくれます。

新型ジムニーでの車中泊をより快適にするマットやオプションについては
こちらで詳しく触れていますのでぜひ!

新型ジムニーはキャンパー向き!

新型ジムニーの後部座席、荷室容量や車中泊について書いてみましたが、
やはり新型ジムニーはキャンパーと抜群の相性だということが分かりました。

もしも荷物の多いアウトドアやスポーツなどで出かける時、
また車中泊するようなお出かけには
一人か二人がベストだと思います。

しかし、荷物がさほどない場合であれば、体格によって4人でも大丈夫でしょう。

チャイルドシート(0〜2歳までのは特に)は取り付けられないかと思うので、
注意が必要です!!

新型ジムニーは大人のアウトドア、大人のスポーツ、キャンパーなどが
楽しむには本当に最適な車だと思います。

ぜひ新型ジムニーが手に入ったら趣味を楽しむ外へのお出かけが楽しくなりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA