新型ジムニーの車中泊キットやマット、オプションは?

2018年の夏に販売されて以来、ものすごい勢いで売れている新型ジムニーですが、
最近のアウトドアブームに相まってか、SUVの人気も高まっているようですね。

そんな中、颯爽とオフロードを走行できる新型ジムニーが
フルモデルチェンジで現れたわけですが、
新型ジムニーでの車中泊について調べてみました。

新型ジムニーでの車中泊

新型ジムニーのコンセプトの中には

「クロスカントリー」と「レスキュー」が入っています。

クロスカントリーは正にジムニーのポイントでもある本格的な
クロスカントリーの仕様になっています。

そして、新型ジムニーのコンセプトで取り入れられた「レスキュー」は
カラーからもその意識がわかるように、自然の中で目立つ色も採用されています。
(自然の中に溶け込む色もありますが)

車中泊に関してはアウトドアで遊びに行くようなイメージは大きいですが、
近年、私たちをおびやかしている災害の時にも必要だったりします。

新型ジムニーは悪路を難なくいける軽ジープということで、
災害の時にはかなり役に立ちそうですが、
災害の時に困るのは寝泊まりするところですよね。

サイズから言って子供連れの家族には向かないことがわかりますが、
一人ならば全く問題なく、
二人ならば窮屈ではあるけど、大丈夫、という感じでしょうか。

もちろん、キャンプのように一泊二泊ならば、問題なく二人でもいけるでしょう。

新型ジムニーの車中泊マット

車中泊といってまず必要なのは寝る場所になります。

そこで重要なのが車中泊マットでしょう。

マットなしでねるのはキツイです。

特にジムニーの車内は狭いですからね。

車中泊マットはいろいろな物がメーカーから出ていますので順番に見ていきましょう。

手軽にちょっと車中泊を試してみたい場合

まずは簡単に車中泊を試してみたい、という方にはこのくるマットはどうでしょうか↓

女性の写真がいかにも手軽に使えますよー、って雰囲気を醸し出しています。

後部座席を倒した時の凹凸を埋めてくれるみたいですが、
価格的にも良心的です。

まず車中泊を試してみたい、という方にはおすすめです。

厚みのあるマットで快適に寝たい場合

こちらのプレミアムエアーマットは8mmという厚さのマットで、
寝心地がグンとアップします↓

エアーマットなのに、自動で膨らむので、
疲れることなく、寝床を作ることができます。

値段が異常に安いのですが、楽天では1位を取っているようですね。

二人で使う場合は二枚買って連結すれば良いとのことです。

値段、人気共に抜群なので、ぜひチェックしたいところです!!

新型ジムニー専用のマットを使いたい!

新型ジムニー用ではないのですが、ジムニー用のマットがありました。

こだわり派の人はこちらを選びたい、というところでしょうか。

こちらもJB23W用の物ではありますが、ありました。

しかし、サイズが新型に合っているかどうかの確認が必要ですね。
そして、お値段も高めです。

しかし!!これは、完全なるフルフラット!!

これならば新型ジムニーでの車中泊は問題ナッシングではないでしょうか。

新型ジムニーの純正の車中泊キット

新型ジムニーはキャンパーや災害時のことを考えてか、
純正で車中泊できるオプションを出しています。

ベッドクッション

新型ジムニー純正のベッドクッションです。
しかし・・・これは一人用でしょうjか。

170cm × 54cmの簡易ベッドになっています。
フルフラットにならないのと、助手席側にのみ使用可能です。

純正シェード

こちら、車中泊も一人ならば別に覗かれても大丈夫!!
なんて思っている人もいるかもしれません。

しかし、車中泊をして朝、シェード無しだとビビることがあります。

それ、ジリジリとした太陽の光

本当にこの太陽の光で目が覚めますし、なんか肌も痛いですw。
女性は本当に気をつけたいところでもあります。

そして、もちろんプライバシーを守ることも大切ですので、
シェードは本当に大切だと身を以て体験しました。

この純正シェードはフルでガードしてくれるので、
そう言った心配は全くないでしょう。

純正のルーフトップ

新型ジムニー純正のルーフトップもあります。

キャンプや避難となった場合、荷物が多いですよね。
ましてや車中泊するとなった場合には、置き場所もありません。

そこで活躍するのがこの純正のルーフトップです!

ここに荷物を積載すれば、驚くほど荷物が乗っかります。

ウチでは別のジープにこのルーフトップをつけているのですが、
かなりリフトアップしているため、危険な時があります。

都内の駐車場は高さが限られているところも多いし、
ちょっとした高架下も危ない時があります。

前に、青空パーキングだったので駐車しようとして入り口に入った瞬間、
上の荷物がぶつかったことがありました。

なんと、その駐車場は青空なのに、入り口にゲートが付いていたのです!!!

それから駐車場では入り口チェックを必ずしていますが、
意外とそういうところ、多いです。

くれぐれも高さには注意しましょう!

新型ジムニーの車中泊キット

新型ジムニーの車中泊キットに関してですが、あったら便利!
という車中泊キットを探してみました。

飲むにも食べるにもジェットボイル

こちらは、一つ持っていると便利なジェットボイルです。

ものすごい速さでお湯も湧きますし、
五徳もついているので、調理もできます。

外で飲むスープやカップラーメン、コーヒーは
何にも増して美味しいですよ。

そして、このジェットボイルはとにかくコンパクトです。

邪魔にならないので、外に行く場合には持っておくと良いですね。

ランタン

ランタンもあると便利です。

ホワイトガソリンを使うランタンは、光だけではなく、
寒さもしのげるので、冬はかなり重宝します。

 

手軽に行きたいならLEDのランタンでしょう。
灯が長持ちしますし、便利です。

最近ではおしゃれなものも出てますよね。

色々チェックしてみるのも楽しそうです。

新型ジムニーの車中泊について

新型ジムニーの車中泊について色々と紹介してきましたが、
アイテムを見ているだけでもなぜか車中泊したくなりますね。

そんなワクワク感が新型ジムニーの魅力だと思います。

デザインだけではなく、本格的なクロスカントリー仕様で
マニアックな人にもファッションとして楽しみたい人にも
大人気の新型ジムニーですが、車中泊も本格的にできるとなれば、
行動範囲が増えそうです。

ぜひ、そんな新型ジムニーとの車中泊を楽しみたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA