新型ジムニーのオイル交換とオイル量、費用は?

2018年の7月にフルモデルチェンジした新型ジムニーですが、
納車時期が遅れに遅れているようですね。
そして、幸運にも新型ジムニーをもう乗っている方は
オイル交換についても気になりますよね。
メンテナンス次第で車は随分長生きします。
エンジン不調知らずの車にしたいものですね!

ということで、新型ジムニーのオイル交換やオイル量、費用について
調べてみました!

新型ジムニーがエンジン不調になる前にオイル交換!

車のオイル交換は6ヶ月が理想とされています。
少なくとも10ヶ月では交換したいところですよね。

新型ジムニーは本格的なクロスカントリー仕様となっており、
人によっては険しいオフロードを走行する人も多いのではないでしょうか。

そんなこんなで新型ジムニーのエンジン不調は比較的分かりやすいかもしれません。

まず、スズキのディーラーにおいては、新車の場合1ヶ月点検があり、
その後は半年おきに点検があります。
1年後には法定点検、3年後にはいよいよ車検が待ち構えています。

特に最初の1年は面倒臭いように思いますが、
点検を受けておくことをオススメします。

こうやって書いていると、まるで赤ちゃんの健診のようですw。

1ヶ月と3ヶ月、6ヶ月、1歳児健診、3歳児健診が
赤ちゃんの場合はかなり大切になってきますが、
ジムニーも新しい家族だと思えば、点検も怠りたくないですね。

本当に赤ちゃん健診と数字も同じですねw。

そして、1ヶ月と1年の点検の際にはオイル交換しておきたいところです。

オイルはその質よりも交換回数、という人も多くいます。

少なくとも走行4000~5000kmになる前には交換しておきたいですね。

さて、時期的、走行距離的なものに関しては書いた通りですが、
それ以外でもエンジン不調を感じたら、すぐに修理できるところへ駆け込みましょう!

内部パーツの問題ですと、なかなか自分では解決できません。
パーツ交換して問題解決できるものも多いかと思いますので、
そこは惜しまずにすぐに修理しましょう!

そのまま放っておくと大きなトラブルになり得ません。

人の病気も車の調子も早めが肝心です!

大手術にならない前に修理しましょう!

エンジンの不調と言うと、代表的なものが

・アイドリング時のエンジン回転数が低い(500回転程度)

・エンストする

・エンジンの吹け上がりが悪くてスピードが出ない

・エンジンからの異音

と、想像するだけでも怖いですが、
この辺りがいわゆるエンジン不調を知るきっかけになるものでしょう。

この辺りはオイル交換で解決する場合も多いようです。

オイル交換しないまま走るとエンジン内部の金属が削れていき、
ピストンの回転がカスがたまってうまくできなくなるので、
エンジントラブルをおこしやすいのです。

新型ジムニーのオイル量はどのくらいなのか?

エンジンオイルの量を気になるのはかなりマニアックな人かもしれませんが、
マニアックな人が乗りそうなジムニーだからこそ、
そんな情報も気になる人も多いかもしれませんね。

新型ジムニーのエンジンオイル量は2.6リットル。

スズキの純正エンジンオイルは

エクスターF

になります。

新型ジムニーのオイル粘度は?

新型ジムニーのオイルについてもっと深く掘り下げましょう。

新型ジムニーでは、エンジンオイルは「5W30」が指定されています。
このWがいわゆるオイルの粘度になります。(Winterの略)

そして、30という数字はいわゆるオイルの固さになり、
数字が大きいほど固いということになります。

その固さによって何が違うのか?というと、

固いエンジンオイルほど、保護する役割が増えるものの、燃費も悪くなる

柔らかいエンジンオイルほど、保護する役割は減るものの、燃費がよくなる

ということになります。

ジムニーは本格的なクロスカントリー仕様で、
オフロードも難なく走行できるのがポイントの車ですので、
排気量よりも固めのオイルが使われています。

新型ジムニーのオイル交換費用について

さて、新型ジムニーのオイルについていろいろと分かったところで、
実際にオイル交換の費用に関してはどうなのかを見ていきましょう。

オイル交換に関しては、実際に行う場所によって違います。
一般的に

スズキディーラー:
オイル交換:1620円+エンジンオイル代
オイルフィルターの交換:540円+パーツ代

という感じになります。

オートバックスやイエローハットなどのカー用品店:
オイル交換:工賃540円+オイル代
オイルフィルター交換:540円+パーツ代

ガソリンスタンド:
オイル交換:オイル代(リッター1000円程度)+工賃
総額3〜4千円??

と言う感じでしょうか。

オイル交換を自分で行う人もいますね。

ジムニーファンは車ファンも多そうなので、
そのような作業を自分でしたい!という人も多そうです。

単純に工賃がかからないので、その分お得になりますが、
自信がない人はプロに任せた方が良いかもしれませんね。

オイル交換で新型ジムニーを最高のコンディションに!

新型ジムニーのオイル交換、オイルの粘度や量に関して細かく見ていきましたが、
きちんと自分でメンテナンスする自信がない場合には、
ディーラーにお任せするのが一番です。

きちんとしたタイミングで然るべき点検と処置をしてもらえます。

特にオイル交換は本当に侮れません。

さまざまなトラブルを起こす原因になりますので、
きちんと定期的にオイル交換をして、
愛車のジムニーを最高のコンディションにしておきましょう。

オイルフィルターに関しては、オイルをマメに交換する人でも
その都度交換する必要はありませんよ!

法定点検のタイミングで交換すれば十分!!

最高のコンディションでこそ、どんな道でも気持ちよく走れるのがジムニー。

オイル交換をきちんとしてジムニーを楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA